結婚関連情報について

結婚と夫婦の繁殖や絆などの基本的な考え方

生物としてこの地上に生まれた場合に、本能として繁殖は欠かせず、それができない場合には、自分に繋がる子孫を残せないということになります。
それは自然の摂理に合っていないということで、生まれてきた意味が薄れるということになります。
結婚をしないとかできないということになると、子孫を繁殖して、血統を繁栄させて幸せになるという道も閉ざされることになります。
高齢化社会では孤独になり、誰にも見守られずに亡くなっていくということですし、介護が必要になっても誰もしてくれないということもあります。
高齢者がこれから増えていく場合、国もすべての高齢者の世話はできないということですから、これから非常に大きな問題になっていくということになります。
結婚や夫婦、家族が如何に重要かということを身をもって感じさせられる世の中になるということでもあります。
夫婦のあり方も、高齢化を考えると、相手を支える貴重な仲間ということで、これから夫婦のあり方も変わってくるのかもしれません。

Copyright(c) 結婚 All Rights Reserved.